金属製ベルトはスタンダード

category

update post

calendar

2018年4月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

金属製時計ベルトの種類について

腕につけているだけで存在感や高級感を感じることができるのが金属製の時計のベルトです。
金属製のベルトの素材として一般的なのがステンレスです。とても丈夫で熱や水にも強く、そしてさびにくいという特徴を持っています。ステンレスの光沢は磨き方次第で調節する事もできます。ズッシリとした重みを感じることができます。
ステンレスの時計のベルトは金属アレルギーの方には向いていません。そのため金属アレルギーの方でも安心して付けられる素材として、チタン合金があります。チタン合金はステンレスよりもさらに丈夫で、アレルギーの方でも安心して使うことができる素材です。重みのあるステンレスとは逆に、チタン合金のベルトは非常に軽いです。他にも素材としては金や銀など様々なものがある他、金メッキ、ホワイトゴールドメッキ、クロームメッキなど表情もメッキ次第で様々に変化する事ができます。
金属製のベルトは、金属板であるコマを繋げてベルトを構成しています。単連、3連、5連、7連、9連など、横何列のコマを繋げているかによってその呼び方も変わってくるのですが、コマの数が増えれば増えるほどそのフィット感も高くなります。逆にコマの数が少ないと腕にガッチリとした感触を得ることができます。

どのようなシーンでも使える

時計のベルトとして男性ばかりでなく女性からも支持されている金属製のベルト。金属製の時計のベルトのメリットは何でしょうか。
金属製のベルトの良さの1つが、汗や水に強く丈夫でメンテナンスがしやすいところです。革製のベルトは痛みやすいので入念なケアが必要になってくるのですが、金属製のベルトは特にメンテナンスをしなくてもそのままの状態が長く続きます。もし壊れたとしてもコマの部分の交換ですむ場合もありますし、ツヤが無くなってきても再度磨けば元の輝きを取り戻すことも。細かいお手入れが苦手という方にはうってつけの時計のベルトです。
そして金属製のベルトならではの高級感や重厚感があります。ベルト自体に輝きがあるので着用した時の存在感も大きいですし、金属製ベルト特有の重みが好みという方もいます。ベルトのデザインも非常に細かくされているので、時計のヘッドだけでなくベルト自体も目を惹くものとなります。
さらに、どのようなシーンでも使えるというメリットもあります。ビジネスシーンではもちろんの事、プライベートやフォーマルな場でも合うのが金属製の時計のバンドです。さりげないようでしっかりと自己主張しているところも、金属製時計バンドのメリットですね。

menu

2017年10月16日
人気素材と修理料金を更新しました。
2017年10月16日
スマートなベルト利用者を更新しました。
2017年10月16日
良質なベルト選びと交換を更新しました。
2017年10月16日
金属製ベルトはスタンダードを更新しました。