時計ベルトを選ぶ楽しさ

category

update post

calendar

2018年5月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

革製の時計ベルトの種類

時計のベルトといってもたくさんの種類があります。その中でも多くの人に使用されているのが革製のベルトです。革製のベルトは色も素材となる革の種類も様々なものがあり、時計の表情を全く変えることができます。
時計のベルトの中でも高級な革として位置づけられているのがクロコダイルです。クロコダイルはワニ革です。ワニ革にもアリゲーターやカイマンなどが上げられますが、高級時計の中でも特に時計のベルトで多いのがクロコダイルです。その模様自体にも独特な風合いがあり、高級感に溢れ光沢があります。
キメが滑らかで軟らかい印象のある革として有名なのがカーフです。カーフは生後半年以内の仔牛の革です。クロコダイルが高級感や存在感が強いのに対し、このカーフは高級感はあるものの落ち着いた印象を与えます。上品な革のベルトです。
そして革の王様とも言われるコードバンです。コードバンは馬の革で、非常に滑らかで傷が付きにくく、使い続けるうちにより味が出てきて肌に馴染むようになってきます。
他にもサメ革、ヘビ革、ダチョウの革など、革製のベルトといってもその種類は非常に様々です。それぞれに良さがあるので、好みや用途で選ぶ楽しみがとても多いです。

時計ベルトの色々な使い方

時計のベルトの中でもバリエーションが豊富で多くの世代の方から支持されているのが革のベルトです。革のベルトのメリットにはどのようなものが上げられるでしょうか。
革の時計ベルトの良いところは、腕になじみやすいところです。革は元々素材もやわらかくできていますが、使っているうちにどんどん馴染んでさらに腕にピッタリと馴染むようになってきます。さらに使えば使うほど味が出てくるのも革のベルトの良さです。革はその時々で良さが違うので、同じ時計をつけていてもその時計の印象も変わってきます。他のベルトにはない味わいがあるのも革のベルトの良さです。
そして革のベルトが他と違うところは、ラインナップが豊富であるという事です。一言で革といっても、ワニや馬、牛やダチョウなどその素材はいくつも上げられ、それぞれに違った風合いを感じることができます。またカラーも豊富です。メタル系のベルトであると色は限られてしまいますが、革のベルトは色も豊富なので好みの色に合わせられる他、それぞれのシーンに合わせたり、季節によってベルトを変えたりと色々な使い方ができるのも革の時計のベルトの良さでもあります。自分にピッタリ合った時計のベルトが見つかります。

柔軟性の高い革の特性を十分に生かした時計ベルトを作っています。 カミーユ・フォルネのオンラインストアもございます。 クロコダイルやパイソン、コードバンなどいろいろな皮革製品を取り扱っています。 長年愛用し続けられる皮革製品です。 革新性を追求し、常に新しい発想と伝統との調和を図ります。 伝統を守り続けるため最高の製品を手作りしています。 時計のベルトをスペシャルオーダーも可能!

choices article

menu

2017年10月16日
人気素材と修理料金を更新しました。
2017年10月16日
スマートなベルト利用者を更新しました。
2017年10月16日
良質なベルト選びと交換を更新しました。
2017年10月16日
金属製ベルトはスタンダードを更新しました。